原木加工の一番早い段階にソファの構造は既に決められた。それで、原材料開料段階で瑕疵がないように作業するはずである。原木特殊処理を応用された原木はその含水率は国際基準に一致する。また、ソファ構造の堅固や耐久性を保証しなければならないので、きっと含水率が低く、手触りが良く、カビ、防腐、利用率が高い、最高のソファーのパネル材料を選択する。CNC開料方法を通じて、我々はすでに標準化生産を実現した。
生産過程