深センで家具見本市 2014家具展覧新潮流をリードする
The 2014/10/07 00:05:46
ニュース

「デザインはどこにでもある」とは2014年深セン国際家具見本市のテーマ。
家具業界のベンチマーク企業としては 、左右家私は技術革新のペースが停止したことがない、これは伝統的な家具文化の画期的な活動、そしてショーのテーマ「デザインアンリミテッド」と一致している。


ソファは異なる家族のニーズを満たすために、異なるユニット、柔軟なパッケージデザインに適合させることができる。そして、家庭生活のための大きいDIYの楽しみを齎す、オープンアームのプレートシリーズはマルチアングルランダムな組み合わせ、オープン扇子のような形状と似ている。より良い明日、幸せな人生を受け入れるために、翼を広げて抱えるような感じ。

ベッドルームのデザインと柔らかいベッドソファー「春芽」と一致し、活発な緑が点在される。リラックスする用品と合わせて、孔雀の形状の刺繍枕を設ける。それは、幸運と健康、幸福を意味する。

主な木材製品が黄色牛皮とヤチダモをベースに、上品で柔らかい全体色、オリジナル質感と模様色彩を尊重し、健康的且つ自然な家具を製造する理念を守る。
特に言及する価値あるのは、製品包装理念である。デザイナーが設計したその製品のパッケージコンセプト、折りたためているから、収納スペースを節約できるし、より便利に輸送できる。それは、中国の伝統的な家庭用のパッケージングモデルを捨て、フラット段ボール包装材料を使用する。そのデザインは、デザイナーの省エネ活動として、持続可能な開発理念の提唱に応答して行動したのである。